Ready : How to use

Software > Ready > How To Use

インストール・アンインストール方法

インストールするにはアーカイブを解凍しインストーラー(Ready_Setup.exe)を起動します。
旧バージョンを使用している場合には、インストール前にアンインストールして下さい。
アンインストールは「設定>アプリ」から行って下さい。

使い方の流れ

  1. Ready.exeを起動します。
  2. ライブラリにサウンドファイルを追加します。
  3. キーワード、またはライブラリのフォルダ単位でサウンドファイルを検索します。
  4. サウンドの情報を見たり、実際に再生して気になるサウンドにはチェックを入れます。
  5. 目的のファイルを見つけたら、検索結果・チェックしたサウンドの一覧・再生履歴からコピーしたり、
    ドラッグ&ドロップしてサウンドファイルを利用します。

便利な機能

キーワード検索
ファイル名の他、サウンドファイル内のタグ情報を対象に検索ができます。
プレビュー波形表示
検索結果のリストにはサウンドファイルの波形がプレビュー表示されます。
この波形には周波数帯域(高音寄り←→低音寄り)によって色(赤←→青)がついており、
視覚的に音を把握することができます。
チェック機能
気になるサウンドファイルにはチェックを入れておけます。
チェックしたサウンドファイルはチェックリストで一覧表示されます。
再生履歴
再生したサウンドファイルは履歴リストに残ります。
「さっき聴いたあの音何だったっけ?」という時に便利です。

基本操作

メインウィンドウ

ライブラリツリー、各リスト(検索、チェック、履歴)、トランスポートからなります。
リストの表示項目は、リストヘッダの右クリックメニューから設定できます。

ready_overview.png

ライブラリへのサウンドファイル追加・削除

ウィンドウ左の「+Library」ボタンをクリックするとダイアログが開きます。
ダイアログにサウンドファイルを含んだフォルダをドロップするか、「...」ボタンから対象フォルダを選択します。
フォルダを選択したら「Create」ボタンをクリックするとサウンドファイルの解析が始まります。
ready_librarydialog.png
すべての解析が終了するとライブラリへの追加は完了です。
ready_librarycreated.png
ライブラリを削除したい場合は、対象となるライブラリのフォルダを右クリックし「Remove」を選択します。
そのフォルダ以下に含まれるすべてのサウンドファイルがライブラリから削除されます。
ready_libraryremove.png

サウンドファイルの検索

検索ボックスにキーワードを入力しRetuenキーでライブラリから検索ができます。
スペースでキーワードを区切るとAND検索になります。
検索対象はファイル名・タグ情報(コメント・ジャンル等)です。
ready_searchbox.png
検索したキーワードは虫眼鏡アイコン横の▼をクリックすると履歴が見れます。
履歴を選択することでそのキーワードで再検索します。
ready_searchhistory.png
ライブラリのフォルダを選択すると、そのフォルダ以下のサウンドファイルが表示されます。
ready_searchfolder.png

サウンドファイルの再生

リストでサウンドファイルを選択すると自動的に再生されます(オートプレイが有効な場合)
リストのダブルクリック、Playボタンのクリック、スペースキー等でも再生が可能です。 再生中に波形をクリックするとその位置にスキップします。
再生を停止するにはStopボタンのクリック、エスケープキー等を押します。
ready_playback.png

ready_transportplay.png Playボタン リストの選択項目を再生します。
ready_transportstop.png Stopボタン 再生を停止します。
ready_transportauto.png Autoplayボタン 自動再生のON/OFFをします。
ready_transportvol.png 音量バー 再生音量を変更します。

チェック/アンチェック

気になるサウンドファイルがあったらリターンキーでチェックします。チェックしたファイルは緑文字になります。
チェック済みのファイルを再度チェックするとチェックが外れます。
ready_checkitem.png
チェックしたサウンドファイルはチェックリストで一覧で見ることができます。
ここでさらに吟味をしたり、必要に応じてコピーして取り出すなどします。
ready_checklist.png

再生履歴

再生したサウンドファイルは履歴リストで見ることができます。
ready_history.png

ツールの動作設定

ウィンドウ左上のボタンから設定のメニューを開きます。
ここで動作の設定を行います。
ready_setting.png

設定
  • Search Result Max
  • 検索で表示する結果の最大数を設定します。大きな値にするほど検索に時間がかかります。
  • History Max
  • 履歴リストに表示する最大数を設定します。
  • Colord Preview Waveform
  • プレビューの波形に色をつけるかどうか設定します。
    その他
  • About
  • バージョン情報を表示します。
  • Help
  • 操作方法の解説ページ(このサイト)を開きます。
  • Quit
  • 終了します。

    ショートカット

    トランスポート
  • 選択中のサウンドファイルの再生
  • スペースキー、5キー
  • 再生停止
  • エスケープキー、0キー
  • 再生位置の巻き戻し
  • 1キー、7キー(小さめな巻き戻し)
  • 再生位置の早送り
  • 3キー、9キー(小さめな早送り)
  • 先頭から再生する
  • 4キー、.キー
  • 再生音量を上げる
  • +キー
  • 再生音量を下げる
  • -キー
    編集
  • リストの選択項目をクリップボードにコピー
  • Ctrl+Cキー
  • リストの選択項目のパスをクリップボードにコピー
  • Shift+Ctrl+Cキー
  • リストを全選択
  • Ctrl+Aキー
  • リストの選択項目をチェック / アンチェック
  • リターンキー、Fキー
  • リストの選択項目をWindowsエクスプローラーで表示
  • Shift+Ctrl+Oキー
    その他
  • 検索ボックスに移動
  • Ctrl+Fキー



    Software > Ready > How To Use